コロナ禍におけるITを活用した学生の健康観察を明石医療センター附属看護専門学校でスタートしました

明石医療センター附属看護専門学校(兵庫県明石市)に、からだポータル株式会社(大阪府高槻市)の学生検温管理システムを導入いたしました。2021年8月1日より稼働し、夏季休暇中の学生の健康状態もリアルタイムに把握できるようになります。
 コロナ禍により、登校できずに授業に出席できないこと、そのせいで必要な学力を身につけることができないことなど、学校運営は非常に難しい状況となっております。学生が学業に専念できる体制を作ることは、学校にとって極めて重要です。学生の体調変化をいち早く把握できる体制をつくることで、学生にも先生にも安心して授業を行っていただけるよう、本システムを活用していただくこととなりました。

プレスリリース全文は以下URLより
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000073842.html